キッチンリフォーム大事典

壁付型、ペニンシュラ型、アイランド型の特徴とメリット

スペースを広く使える壁付型

 壁付型は、キッチンを壁際にピタッと付けるので、独立型でもオープンキッチンでも、部屋のスペースを効率よく使えるのが特徴です。マンションなどの比較的狭いLDKにもよく見られますね。一戸建てでは、窓に面して設置できるので、光や風を感じながら快適に作業できるのがいいところです。でも、家族のほうを向いて作業をできないので、キッチンで作業をする人がちょっと孤独になるという面や、小さなお子様に目が届きにくいという面もあります。
 オープンキッチンの場合、キッチンの背後に収納家具などを置くと、心理的な間仕切り効果がありますが、腰の高さぐらいにしたほうが、広がりが損なわれずにすみますね。
3-05.jpg
3-06.jpg

対面式で用いられるペニンシュラ型

 ペニンシュラ型は、部屋に突き出た「半島」の部分を介して、キッチンに立つ人とリビング・ダイニングにいる人とがコミュケーションできるのが特徴です。I型の端を壁に付けてセットするケースがよく見られます。また、L字型やU字型(次項参照)でも、ペニンシュラ型が見られます。L字型では、Lの一方を壁付けに、もう一方をペニンシュラに、U字型では、Uの一方だけをペニンシュラにします。吊戸棚を付けてセミオープンにするか付けないでフルオープンにするかで、雰囲気はかなり変わるでしょう。そのあたりは好みの問題と言えますね。
 「半島」部分に、ダイニングから使えるように、テーブルカウンターを設ければ、ちょっとした朝食や軽食をそこでとることができ、後片付けも簡単で便利です。
3-07.jpg
3-07.jpg

ホームパーティに向いているアイランド型

 アイランド型はキッチンセットのどの面も壁に付けないタイプですが、壁付型と併用するU型の配置がよく見られます。例えばシンクをアイランド型にして、コンロ部分は壁付けにするケースがよくあります。その逆のケースもありますが、コンロ側をアイランドにする場合は、排気に十分な配慮が必要です。 アイランド型はキッチンを囲むように作業ができるのが特徴で、家族でワイワイ調理や片づけをしたり、友人を招いてホームパーティを行ったりするのに向いています。また、ご自宅で料理教室を開くという目的にもぴったりですね。
3-08.jpg
3-08.jpg